子供は服の着せすぎに要注意です

今日は、息子を連れて山の中にある大きな公園に出かけてきました。
息子は公園が大好きで、特に山の中にある公園は
坂道を延々歩けるので大喜びなんです。
奇声を発しつつ坂道を走り抜け、公園の遊具にある仕掛けで遊び、
山の公園ならではの巨大滑り台も楽しんで大喜びでした。

でも、途中何度か生あくびをしています。
夕べはしっかり寝ていたはずだけれど、
眠いのかなと単純に思っていました。
息子の様子がちょっと変だなと思ったのは、
遊び始めて1時間半で、抱っこしてと抱き付いてきたことです。
いつも、2時間遊んでもまだ遊び足りず、
家に帰ろうとすると大泣きしているのに、
珍しいこともあるんだなと思いました。

 

午後からは、子供が1時間昼寝した後、
夫に車を借りて買い物に出かけました。
子供服と食料品を買い、レンタル屋にも出かけます。
そして家に帰ってからは、一緒にお絵かきしたり、
型はめパズルや絵本を読んで遊びました。
その間にも、何度も生あくびをするのですが、
お昼寝はいつものように1時間で起きていたし変だなと思ったのです。
それに、やたら抱っこをせがむし、ちょっといつもよりもぐずぐずしがちです。

今日は甘えん坊の日なのかなと思いつつ。
そろそろ夕食を作ろうかなと、夫に子供と遊んでもらおうと呼びました。
すると、夫が「体が熱いよ、熱あるんじゃない」と言われました。
確かに息子の首を触るとものすごく暑いです。
体温計を出して図ると、38度も熱が出ていました。
今日は雪が降るくらい寒かったので、
息子には朝から分厚いタイツを履かせて、

普段より1枚余分に服を着せています。
とりあえず余分なものを脱がせてしばらくすると、
10分ほどで熱がひいてきました。
体温も、36度8分にまで下がり、ほっとしました。
子供は、大人よりも1枚薄着でと分かっているのですが、
ついつい寒いとたくさん着せちゃうんですよね。
子供が今日一日様子が変だったのは、
体が熱かったからなんだと気が付き、大反省しました。